おまとめローンの審査はかなり厳しい

おまとめローンの審査は、銀行、消費者金融に関わらず厳しいものとなります。そもそも、利用しようという時点で多重債務を抱えているわけですから、返済能力に疑問をもたれやすいというのもひとつの原因です。また審査時間も長く、金融会社によっては融資してもらうまでに1カ月かかるケースもあります。それほどの時間をかけたのに、融資を断られたくはありません。ではどういった部分が審査に影響するのでしょうか?

審査が厳しくなるとはいえ、審査される項目自体は一般のキャッシングやローンと同じです。属性審査、個人信用情報、提出された情報の確認、電話確認など、ほとんど変わりません。しかし、上記にも書いたとおり返済能力に関しては通常のキャッシングに申し込むとき以上に入念に調べられます。つまり個人信用情報機関にある情報は、つぶさに調べられるということです。各借金の利用状況、返済の延滞、債務整理の有無、商品を分割払いで購入した場合は支払いを滞納していないかなどは、普段から気をつけておくべきでしょう。特にブラック情報が登録されていた場合は、審査に通れる可能性はほぼゼロになるので要注意です。もうひとつ注意すべきなのが、借入件数です。これが多くなるにつれて審査に通りにくくなります。まとめる件数が3件くらいだと問題なくとおりますが、それ以上は難しくなります。

通常はあまり気にしなくてもいい年収に関しても、おまとめローンの利用となると最低ラインが設定されます。最低年収は200万円で設定されていることが多いのですが、金融会社によって違いがあるのでそれぞれのホームページで確認するようにしましょう。また職業形態もかなり影響します。特にアルバイトであると、融資額がかなり制限されてしまい、まとめても意味がないというような状況になることもあります。つまり、できるだけおまとめローンを利用しないで済むように借金をする必要があるのです。

当然のことながら、提出する情報に誤りがあると信頼に傷がついてしまうので、送信する前に誤字・脱字がないようにチェックする必要があります。また審査を有利に運ぶために故意にウソの情報を記入する方も少なくありませんが、審査に落ちる可能性が上がるだけなので決して行なわないでください。